音大生必見! ストレングスファインダーで自分の強みを理解する

音大生必見! ストレングスファインダーで自分の強みを理解する

 

「私の長所/強みって何だろう…。」

就職活動を始めるにあたって、自分の長所は、と聞かれるとすぐには答えられないもの。

我々のワークショップでは学生にストレングスファインダーを受ける事で、自分を知る事をオススメしています。

<目次>
1ストレングスファインダーとは
234の強み
3強みがわかると何が嬉しいのか

1ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーとは、ギャラップ社の開発したオンライン「才能診断」ツールです。
ギャラップ社は傑出した才能をもつ、200万人以上の方にインタビューし、彼らの才能を34分類しました。

才能とは、『無意識に繰り返し現れる思考、感情、行動のパターン』であり、その才能を「活かしたい」、と思わせるだけではなく、活かして「愉しい」と思わせる力も備えています。
ストレングスファインダーでわかる「資質」、そしてそれに「知識」と「技術」が加われば、「強み」になり、大きな成果を生み出すことができます。

例えば、初めて会う人と話すことを自然に愉しめるのは、一つの才能(社交性と呼びます)です。彼は無意識に笑顔を振りまき、別れ際に握手をして、友人をつくります。
その才能に、社交失敗経験やコミュニティ作成の技術が混ざり、「サークルやコミュニティ」をすぐに立ち上げる成果を生み出しているのであれば、それは強固な「強み」になるのです。

ストレングスファインダーはあなたの強みを見つけることを助けてくれます。

 

2.34の強み

ストレングスファインダーを受けると上位5つの資質を見る事ができます。
ストレングスファインダーは、明確に我々の資質を見せてくれますが、自分の才能を使いこなすためには、その文言1つずつを理解する必要があります。

簡単に34の資質をまとめた資料の1部を公開しますので、参考にしてください。
※音大生向けワークショップではストレングスファインダー一覧をお配りしています。

3.強みがわかると何が嬉しいのか

自分の強みがわかると下記メリットがあります。

① 無意識化に発揮される自分の資質/強みを理解

自分の強みというものは無意識に発揮されているので、自分では気づきにくいですが、ストレングスファインダーでその才能を理解する事ができます

② 人の好さを言葉で表す

人を悪く言う言葉はここに書ききれないくらいありますが、人の良さをあらわす言葉はあまり適切に表現できないもの。しかしストレングスファインダーを理解すれば、人の良さを言葉で正確に表すことができます。
例:あの人、共感性が高くて助かるわ。
チームメンバーが慎重な人が多いので、チームで思い切って議論し、話を進める事ができるね。

③コンビ/チームプレイがしやすくなる

そしてピアノの88鍵盤を理解し、組み合わせれば、様々なジャンルの曲が弾くことができるように、
人の34の資質を理解し、人と人を組み合わせる事ですぐれたパフォーマンスを生み出すことができます。
我々の組織では、プロジェクトへのメンバーを決めるのにもストレングスファインダーを使っています。

ストレングスファインダーによって自己分析が進んだメンバーが非常に多いです。
ぜひ気軽に受けてみてください。

また、3か月に1回ストレングスファインダーのワークショップ「ストレングスファインダー超入門」を実施しています。楽しい、人気のワークショップですので、ぜひこちらご参加ください。

 

■音大生のお悩みを教えてください/個別相談

NPO法人パフォーマンスバンクでは、音大生が更に活躍する、音楽を続けられる社会をつくるために
更にワークショップ等の内容をアップデートし、バリエーションも増やしたいと思っています。

「音大生のみなさん、就活や卒業後のキャリアで何に困っていますか?どんな支援が必要ですか?」

答えていただいた方に「必ず準備しておきたい10の質問」、「過去を語るためのライフラインチャートのつくりかた」、更には「無料面談(30分)チケット(音楽がわかるスタッフがお話します)」をプレゼントします。

個別に相談したいという方もまずこちらにご登録ください。
ミュージックコンパスの音楽のわかる専門スタッフから個別に連絡させていただきます。

音大生専門ワークショップ/セミナー情報

 

自分を知るカテゴリの最新記事