【音大生のキャリア】「やりたい!」が見つかったら、話してみよう

【音大生のキャリア】「やりたい!」が見つかったら、話してみよう

 

卒業したらどうしよう。悩んでいる音大生は多いのではないでしょうか。

・一般企業に就職する
・音楽関係の企業に就職する
・演奏家として生きていく
・音楽関係の指導者となる
・院に進学、または留学する

大きく分類するとこのようなことが挙げられるでしょうか。

 

しかし、「やりたい!」ことがあると選択肢は広がります。

例えば【一般企業に就職したい + 演奏家としても生きていきたい】
または【院、または留学でより学びたい + 指導者にもなりたい】

どれか1つに絞る必要はなくなり、自分にとって最適な選択を考えることができます。

 

その中でも更に詳しく、

・どんな一般企業で働きたいのか
・その企業で何をしたいのか
・指導の対象は誰なのか
・どんな内容の指導をしたいと考えているのか
・院に進学、または留学して何を学びたいのか

などなど自分の「やりたい!」を探すことが重要です。

 

 

「やりたい!」が見つかったら人に話すことを強くお勧めします。

自分は今何をやりたいのか、人に話すことで自分の考えがより整理されると共に、ヒントをもらえる機会が増えます。肯定意見ばかりではないかもしれませんが、深く考えるきっかけとなり、どちらにしてもプラスに動きます。

今まで誰もやったことがないだろう。と思うことでも、色々なノウハウが必要になるはずです。

 

相談という形だけではなく「夢を話す」ことが大切です。
夢に小さいも大きいもありません。達成するまでの道を探すことを1人でする必要もありません。

 

やりたいことに対する気持ちが強ければ強いほど、周りの人は何とかしてあげたい!と思うものです。話を聞いた側も、自分ではどうにもできなくても、知人や上司等、力になってくれそうな人と繋げてくださる事もあるかもしれませんので、是非自分の思いを発信してください。

音楽活動カテゴリの最新記事