コンサートの広報活動

コンサートの広報活動

 

コンサートをする上で欠かせない広報活動。

皆さんならどのような方法を使いますか?

<チラシ> チラシを手に取っていただける機会をつくる
・コンサート会場や周辺の店舗、学校、駅等への掲示
・公共施設(図書館、音楽スタジオ等)への置きチラシ
・他公演のプログラムに挟み込み

<SNS>  目だけでなく耳での情報も届けられる動画投稿が可能
・チラシ画像を使用した拡散(LINE、Twitter、Instagram、Facebook等)
・練習動画を投稿

<HP>  コンサートの概要以外に自分の情報も知ってもらえるチャンス
・プロフィール、コンサート概要、物販情報、問い合わせ等一括掲示
・SNSやyoutube等をリンクさせる

<イベント情報サイト> ターゲットを絞って宣伝
・情報を掲示し、コンサートを探している人へアピール

 

まだまだ色々ありそうですが、今日はこの中でもSNSとイベント情報サイトについて。

 

まず<SNS>ですが、多くの方が使っているため一番拡散しやすい方法です。

どんな投稿がいいのでしょうか?更新頻度や内容は?

最初に、文字だけでコンサートを伝えるのには向いていません。
SNSは利用者が多く、更新頻度が高いため文字だけでは印象に残りづらく、写真や動画を用いるのが効果的です。

コンサートのチラシ画像や、出演者のプロフィール画像、練習風景、広告動画等…
(他サイトへのリンクを貼るとリンク先の画像が自動で埋め込まれるため同様の効果が期待できる)

更新頻度は高い方がいいといえます。
毎日投稿する必要はありませんが、多くの方の目に止まるにはそれなりの更新頻度が必要です。
しかし同じ文章の投稿を何度も使うのはあまりいい印象を受けません。
少しずつでも内容を変えて投稿するようにした方が良いでしょう。

 

次に<イベント情報サイト>ですが、一番需要と供給がマッチングされやすい方法です。

イベント情報サイトへのアクセスは、❶イベントを探している人   ❷イベント情報を載せたい人 のどちらかです。
多くのイベント情報サイトではジャンルごとのカテゴリーや「ファミリー向け/デート向け」「体験/自然」「インドア/アウトドア」「有料/無料」といった選択肢があります。

つまり、検索する人はある程度具体的な理想をもって調べることになります。

掲載する前に検索者側にどんな選択肢があるかを調べ、自分が発信したい情報+求められている情報を載せるといいでしょう。

 

最近では休日だけでなく平日もたくさんのイベントが開催されています。
コンサートの売りやターゲットをしっかり考えて、より効果的な方法で広報活動をすることをお薦め致します。

 

音楽活動カテゴリの最新記事