あなたの人生を可視化する「ライフラインチャート」の作り方

あなたの人生を可視化する「ライフラインチャート」の作り方

自身の将来を考える際に「自分が大切にしていること」を明確にしなければならないと感じるシーンもあるのではないかと思います。

いわば「自分の価値観の棚卸」とでも言うべき作業ですが、何もヒントが無いところから考えていくのは大変なもの。そこで、音楽家のみなさんの強みや価値観を可視化するために、ミュージックコンパスがまず取り組むことをオススメしているのが「ライフラインチャート」の作成です。

ライフラインチャートとは

ライフラインチャートとは、自分がこれまで生きてきた道筋を、自分が感じた「幸福感」の高低によって1本の線で表現したものです。表の横軸は時間軸、縦軸は幸福感(良い、悪い感情の流れ)を表します。

このライフラインチャートをつくることで現在の自分を形成する価値観や物事の考え方を理解することができます。

ライフラインチャートの作成方法

①人生を思い出す

転換期となった出来事、人との出会い、良かったことや悪かったこと、強烈な体験など、あなたの人生に大きな影響を与えた出来事を思い出します。

②点をうち、キーワードを記載

それらの出来事があった箇所に点をうち、出来事のキーワードとともに記載します。
キーワードの例:声楽との出会い、恩師との出会い、実技で最下位・・・等

③点を線でつなぐ

点を線で結んで人生の山と谷を描いてください。

作成にあたってのポイント

・ライフラインを書く際には、深く「考えず」に、自分が「感じたこと」を感じたままに書いてください。

・誰かに見られることに意識がいくとせっかく時間をとったのに真実のライフラインを描く事ができません。誰にも見られないと仮定し、素直に書いてください。

自分の人生の経緯が見える化されれば、自然と自分の強み、価値観が浮かび上がってくるはずです。

 

なかなか自分の過去に振り返る時間をつくるのは難しいもの。

就活を利用して、自分の人生の足跡を見つけ出し、自分ならではの価値観を発見してしまうのはいかがでしょうか?

 

■音大生のお悩みを教えてください/個別相談

NPO法人パフォーマンスバンクでは、音大生が更に活躍する、音楽を続けられる社会をつくるために
更にワークショップ等の内容をアップデートし、バリエーションも増やしたいと思っています。

「音大生のみなさん、就活や卒業後のキャリアで何に困っていますか?どんな支援が必要ですか?」

答えていただいた方に「必ず準備しておきたい10の質問」、「過去を語るためのライフラインチャートのつくりかた」、更には「無料面談(30分)チケット(音楽がわかるスタッフがお話します)」をプレゼントします。

個別に相談したいという方もまずこちらにご登録ください。
ミュージックコンパスの音楽のわかる専門スタッフから個別に連絡させていただきます。

音大生専門ワークショップ/セミナー情報

 

自分を知るカテゴリの最新記事