【音大生の就職活動】音大生が面談をクリアするための3つの事前準備

【音大生の就職活動】音大生が面談をクリアするための3つの事前準備

いくつかの会社の説明会にいくと、「面談(面接)しませんか?」と声がかかってくると思います。

特に初めての面談は緊張するものです。
何を準備すればよいのかわからず「面談当日まで気が休まらない、落ち着かない…」、
なんてことのないよう、面談に向けた3つの事前準備について下記に記載します。

 

1.ガクチカ/ESを見直す

面談ではあなたのことを聞かれます。あなたが学生時代がんばったことをしっかり話せるよう、ガクチカを見直しましょう。また提出したエントリーシートについても見直してください。

可能ならガクチカを3パターン作成すると、質問に対する答えのバリエーションが増え、気持ち的にも楽になるはずです。

2.受ける会社を調べる

「なぜこちらの会社を受けようと思ったのですか?」
ガクチカだけだとなかなか準備しないと答えにくい質問もあります。

面談を受ける会社について事前に下記で事前に調べておきましょう。
・ホームページ
・事業の内容 など
・理念や代表の言葉
・先輩社員の活躍

また、この段階では就活口コミサイトの情報は調べない方がよいです。
※面接に落ちた方の記載も多いため、必要のないネガティブな情報が入り、面接に集中できなくなる恐れがあるため

 

3.イメージトレーニングをしてみる

下記の質問に答えられるでしょうか。コンサート本番前のようにイメージトレーニングしてみましょう。

・長所はどういった点ですか。
・短所を改善するために行っている事はありますか。
・他人には負けない自分の一番の強みは何ですか。
その強みが活かされた、 過去3年以内のエピソードに触れて説明してください。
・「これだけは!」と人に自慢できるものは。
・自分の適性・セールスポイントを教えてください。
・自分を一言で表現してください。またその理由を教えてください。
・自覚している自分の特徴について簡潔に述べてください。

実は上記は全てガクチカで対応可能です。回答できなかった場合は、ガクチカを見なおしましょう。

 

また、最後に必ず聞かれる、何か質問したい事がありますか?に対しての質問も事前に用意しておきましょう。
下記のような質問はどの会社でも使用できます。
・面談してくれた方が最近取り組んでいる事/会社でのやりがい
・会社の理念/ビジョン
・会社をどのようにしていきたいと考えているか
・会社の新事業、新たな取組
・最近入った学生が取り組んでいる仕事の内容

 

面談に向けて不安は少しでも解消されたでしょうか。
みなさんは音楽のレッスンで年上の方と1on1で話すことに慣れているはずです。
自信をもって、面談を楽しんできてくださいね。

〈それでも不安な方は模擬面接をしますので御連絡ください。〉

就職活動カテゴリの最新記事